エンタメ

【キャッツ】映画が怖いと酷評!ゴキブリ・ネズミがキモイ?感想口コミも!

有名なブロードウェイミュージカル「CATS(キャッツ)」の実写版が、日本でも1月24日から公開されていますね。
「キャッツ」は世界で最も成功したミュージカルと言われていて、観客動員数8100万人を超えています。

しかし実写化された映画「キャッツ」は、2019年12月に先行上映したアメリカで、評論家から酷評の嵐で悲惨だったのだとか。

またキャッツは1億ドル近い制作費に対し2020年1月21日時点で興行収入は6100万ドルと、商業的にも芳しくありません。

実際にキャッツを見た人の中には、「気持ち悪い」「発狂しそう。」「見ていられなかった」という酷評が多かったそうです。

いったい何が気持ち悪いのか気になりますね。

そこで、実際に映画「キャッツ」実写版を観た人の感想や口コミを調べてまとめてみました。

※この記事はネタバレを含みますので、お気を付けください。

「CATS(キャッツ)」の予告編も酷評された?

こちらがキャッツの予告編になります。

アメリカでは2019年7月に予告編が公開されたそうです。
CG技術を駆使して完成したネコ人間たちは、公開されると同時に「キモい」、「不気味」、「トラウマになりそう」、「本当に子どもが見ていいものなの?」との酷評が相次いだそうです。

確かに予告編を見たところ、気持ち悪いというより、猫たちがやたら人間ぽくて耳や尻尾がなければ猫の全身タイツを着た人に見えます。

最先端のCGを使っているそうですが、猫感がなさすぎてヌードに見えるなどのコメントもありました。

映画キャッツに出てくるゴキブリやネズミがキモイ!

予告編には出てきませんが、キャッツの本編の中でネコ人間以外にも、ゴキブリ人間やネズミ人間が出てきて、それがさらに怖さを倍増させているとのこと!

しかもネコ人間がゴキブリ人間を踊り食いしているシーンがあったり、ゴキブリ人間がカサカサと音をたてて飛ぶシーンもあるのだとか。

映画をみた人からも、ある意味ホラーとの声もちらほら。
確かに、ネコ人間がゴキブリ人間を踊り食いするのは、想像だけでも気持ち悪いです。

そのゴキブリ人間の画像と動画を探してみました。


動画も!

 

ネズミの画像は探せませんでした。
見つけ次第追記します。

映画キャッツの感想や口コミは?

キャッツの映画の評判をまとめてみると、もともとがミュージカル発なので、ストーリーや歌自体は楽しかった、感動したと言う感想が多かったです。
しかし歌が多すぎてストーリーが入ってこない、歌に頼りすぎと言う口コミも見られました。

ゴキブリが苦手な人は見ない方がいいようです。

歌や音楽は本当に素晴らしいです!

劇団四季のミュージカル「キャッツ」はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
りりりんご
りりりんごです。