人物

護得久栄昇(ごえくえいしょう)の本名や素顔は?ちゃめやチンダミの意味も調査!

2020年12月12日(土曜日)の「マツコ会議」に年収1000万円超えのローカルスターとして、沖縄の護得久栄昇(ごえくえいしょう)先生が出演します!

沖縄のテレビやCM、ラジオに数多く出演し、大活躍中の超有名人!

角刈り頭に異様に太い眉毛とほうれい線で、一度見たら忘れられないインパクトのある顔をしています。

そんな護得久栄昇(ごえくえいしょう)先生の本名や素顔も気になりますよね。

また護得久栄昇先生は「ちゃめ」や「チンダメ」という言葉をよく使いますが、どういう意味なのか気になります。

そこで今回は「護得久栄昇(ごえくえいしょう)の本名は素顔は?ちゃめやチンダミの意味も調査!」と題しまして、沖縄のローカルスター・護得久栄昇先生について調査いたしました!

護得久栄昇(ごえくえいしょう)の本名や年齢などのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

護得久栄昇(@goeku_fec)がシェアした投稿

護得久栄昇先生、中々強烈なキャラですよね!
しかも中々大御所らしく、”先生”と呼ばれています。

まず、護得久栄昇先生のプロフィールとキャラ設定をご紹介します。

  • 名前:護得久栄昇(ごえくえいしょう)
  • 生年月日:1952年1月1日
  • 年齢:68歳(2020年12月現在)
  • 出身地:沖縄県首里市
  • 出身高校:首里第一高等学校
  • 職業:民謡道場「護得久流民謡研究所」二代目会長、並びに護得久流民謡最高師範、民謡歌手、ローカルタレント
  • 好きなもの:楽屋弁当(余りはお持ち帰り、クルザーター(黒砂糖)、コーヒー、さんぴん茶、レモンケーキ、マドレーヌ
  • 嫌いなもの:算数と英語、高い所(高所恐怖症)
  • 趣味:門下生から徴収する月謝(7,000円)が振り込まれた貯金通帳を眺める事。
  • トレードマーク:セカンドバック、ゴエックス(セルフブランド)
  • Instagram:護得久栄昇
  • Twitter:護得久栄昇
  • YouTube: 護得久流民謡研究所

護得久栄昇先生は20代の頃、民謡道場「護得久流民謡研究所」の初代会長である実父の護得久栄吉(ごえくえいきち)に師事。

その技術を修めて以降も一切のマスメディア出演を良しとせず半生を護得久流民謡一筋に捧げてきました。

しかし門下生の1人である、民謡歌手・よなは徹の「師匠を世の中に出したい」という熱意と行動力に負け、重い腰を上げ音楽業界に足を踏み出しました。

家族構成は父・栄吉、弟・リュウイチ、息子・サトルしかわかっておらず、奥さんや母親、祖父母は言及されてなく不明でした。

護得久栄昇先生は沖縄民謡界の重鎮という自負があり異様にプライドが高いそうです。

どこで誰に会っても「(私が誰だか改めて説明しなくても)わかるよね?」と凄みを効かせ、自分に対して失礼な振る舞いを取った相手には「チンダミするよ?」と言うのだとか。

知らない・わからない事でも知っているフリをし、いざ何かを問われれば専門知識を持っている者に「じゃあ、君がみんなに教えてあげなさいね」と促して威厳を取り繕います。

また自分が何かしらの失態を演じた場合は速やかに陳謝する律儀で小心な面があるそうです。

そして護得久栄昇先生は、免許も取得していますよ~!w

すごい設定が細かくて面白いですね。

護得久栄昇先生は68歳(設定)なんですが、メディアに登場したのは2017年頃からです。
活動期間は意外と短いすよね。
しかし、この強烈なインパクトと大御所(?)なのに愛くるしい一面を持ち合わせた護得久栄昇先生は、瞬く間に沖縄のローカルスターに!!

2018年にはヴィレッジヴァンガードとのコラボ商品として、Tシャツや雑貨、タオルなどのグッズが販売されたり、メディアにデビューしてからのTVCM出演本数が20本を越えるなど、まさにひっぱりだこなのです!

護得久栄昇の素顔は、ハンサム金城博之

護得久栄昇先生の素顔は、沖縄のお笑い芸人ハンサムの金城博之さんです。

2017年にテレビ番組で、相方の仲座健太さんと考えたキャラ”護得久栄昇先生”を初披露し、沖縄でブレイクしました。

最初は相方の仲座さんが演じる予定でしたが、仲座さんが「自分が演じるとただの怖い人になってしまう」ということで、金城さんが演じることになりました。

護得久栄昇先生の素顔、金城博之さんはこちらです。

右がハンサムの金城博之さんです。

名前:金城 博之 (きんじょう ひろゆき)
出身地:那覇市
生年月日:1972年6月27日
趣味:釣り、漫画、ハンドボール、ジョギング 車の整備、美味しいハンバーグ作り
資格:三級自動車ガソリン・エンジン整備士、危険物乙種第4類取扱資格
出身校:沖縄工業高校
身長:169㎝
体重:58㎏
血液型:A型
所属事務所:有限会社FECオフィス

相方、仲座さんのプロフィールはこちらです。

名前:仲座 健太(なかざ けんた)
出身地:沖縄県島尻郡南風原町
生年月日:1976年4月2日
趣味・特技:野球、幕末、喜屋武の綱引き、南風原の事全て
出身校:南風原高校(九州共立大中退)
身長:178cm
体重:80g
血液型:A型
所属事務所:有限会社FECオフィス

護得久栄昇の使う「ちゃめ」や「チンダミ」の意味

護得久栄昇先生は沖縄の民謡歌手なので、歌や会話にも方言を使った言葉がよく出てきます。

その中でも護得久栄昇先生は「チンダミするよ」「ちゃめ~」という言葉をよく使います。

この「チンダミ」には本来「三線の調弦をする」という意味があります。

護得久栄昇先生は、この「チンダミ」を”三線の間違った音を直す”という意味から「あなたの間違った心を治す」や「お仕置きするよ(」と言う意味で使っているようです。

それでは「ちゃめ」の意味は何でしょう?
「ちゃめ~」は特に意味はないようです。

沖縄では、三線に合わせて即興で踊ることを「あっちゃめー」というそうですが、そこから「ちゃめ」の部分だけを取り、「ちゃめ~」と言っているそうです。

なので、どんな場面でも活用できる感嘆詞のようなものなのですね。

護得久栄昇先生のデビュー曲「愛さ栄昇節」にも「あっちゃめー」や「ちゃめー」が出てきます。

動画の中には、相方の仲座さんも登場していますね。
三線を引いている「よなは徹」さんや、踊りを踊っている「花やから」は護得久栄昇先生の門下生であり、”本物”の民謡歌手・舞踊集団です。

またこちらの動画は、2019年にリリースされた「愛さハミガキ節」なのですが、歯磨きの大切さをコミカルに仕上げています!
歯磨きしなきゃ~!!

「護得久栄昇(ごえくえいしょう)の本名は素顔は?ちゃめやチンダミの意味も調査!」と題しまして、お送りいたしました。

沖縄を代表するスーパースター・護得久栄昇先生を紹介いたしました。
全国ではまだまだ知名度は低いですが、インパクトのある強烈な見た目で1度見たら忘れられません!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
りりこ
りりこです。