人物

極主夫道の子役は白鳥玉季でプロフは?原作との違いにSNSで炎上も

子役

10月11日から日本テレビで系列でスタートする「極主夫道」。

この作品は、おおのこうすけ氏原作の同名漫画「極主夫道」の実写ドラマ化です。

ドラマのビジュアルが公開され、玉木宏さん演じる主人公・不死身の龍に、原作にはない娘がいる設定だということがわかりました。

娘役を演じるのは、白鳥玉季さんです。

主人公にも深くかかわってくるであろう娘の設定にSNSでは、戸惑いの声も上がっています。

「極主夫道の子役は白鳥玉季でプロフは?原作との違いにSNSで炎上も」と題しまして、娘役を演じる白鳥玉季さんのプロフィールやSNSでの声も調査いたしました。

極主夫道の子役は白鳥玉季でプロフィールは

 

この投稿をInstagramで見る

 

白鳥 玉季(@shiratori_tamaki)がシェアした投稿

白鳥玉季さんは、多くのドラマや映画に引っ張りだこの、今注目の子役です!
最近ですと、竹内涼真さん主演「テセウスの船」や、「凪のお暇」、「とと姉ちゃん」などにも出演されています。

名前:白鳥玉季(しらとりたまき)
誕生日:2010年1月20日
年齢:10歳
身長:138cm(2020年9月現在)
家族構成:父、母、妹
特技:詩を書くこと、本を読むこと。
所属事務所:スマイルモンキー

玉季ちゃんは、子役として芸歴は9年を超えています。
ドラマの極主夫道の設定では、「年齢に似つかわしくないしっかり者の娘」設定ということで、どのような感じになるのか楽しみですね。

極主夫道の原作との違いにSNSで炎上も

極主夫道の実写ドラマで、原作漫画にはないオリジナルキャラの登場で、SNSは期待外れの声が上がっています。

擁護派も

「極主夫道の子役は白鳥玉季でプロフは?原作との違いにSNSで炎上も」と題しまして、お送りいたしました。

極主夫道の実写化での娘役は白鳥玉季さんです。

原作にはない娘設定で、原作を知る人たちからは戸惑いの声が上がっています。
たしかに娘の登場、しかも小学生で結構大きいので、原作と話が極端に違ってきそうですよね。

ドラマ版はドラマ版で楽しめる展開に期待したいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
りりりんご
りりりんごです。