人物

【TELYUKA(テルユカ)】3DCG・Sayaの生みの親Wikiプロフや経歴は【情熱大陸】

2020年5月24日の情熱大陸に3DCG女子高生・Sayaを生んだTELYUKAが出演します。

3DCG女子高生Sayaは、バーチャルキャラクターなのにリアル過ぎて本物かわからないとSNSでも話題になりましたよね!

その女子高生Sayaを生んだのが、アーティストユニット「TELYUKA」で、石川晃之さん、友香さんご夫婦です。

今回は「【TELYUKA(テルユカ)】3DCG・Sayaの生みの親プロフや経歴は【情熱大陸】」と題しまして、夫婦ユニット「TELYUKA」のプロフィールや経歴をまとめました。

それでは早速本題に入っていきましょう。




【TELYUKA(テルユカ)】3DCG・Sayaの生みの親のWikiプロフや経歴

「TELYUKA」はバーチャル・ヒューマン制作を専門とする石川晃之さん、友香さん夫婦のユニット名です。

お二人のプロフィールをご紹介いたします。

石川晃之(いしかわ てるゆき)さんのプロフや経歴

名前:石川晃之(いしかわ てるゆき)
居住地:東京都
職業:3DCGアーティスト
所属:Garateacircus株式会社代表
出身大学:大学名は不明ですが、経済学部出身
担当:技術、製作

晃之さんは小さいころから漫画を描いたり絵を描くのが好きで、鳥山明さんや、キン肉マンなどのキャラクターのイラストを机にラクガキしていて、美術やゲームが好きだったそうです。
しかし大学は美術とは関係ない、経済学部へ進学。
大学卒業後は一般企業に就職し、独学でCGを学びフリーランスへ。
その後、友人とともにCG製作会社を立ち上げます。

石川友香(いしかわ ゆか)さんのプロフや経歴

名前:石川友香(いしかわ ゆか)
居住地:東京都
職業:3DCGアーティスト
所属:Garateacircus株式会社代表
出身大学:不明(CGやデザイン関係の学科ではないそうです。)
担当:ディレクション、アート

友香さんは学生時代からCGに興味があったそうです。
当時はCG関係の専門学校が少なかったことや親を説得できなかったため、CG関係への進学を断念し普通の大学へ。
しかしCG製作を諦めきれず、独学でCGを学んだそう。
大学卒業後は建築関係の会社でCAD、3ds maxを習得する。
友香さんは「ネバーエンディングストーリー」が好きで、あのような世界観を作る仕事がしたいという思いでやってきたそうです。

お二人はどちらも美術、グラフィック系やCGとは全く関係ない学部を卒業し、それぞれ独学でCGに関することを学んできていました。

「夢は諦めなければ叶う」を実践されていて凄いですよね!

TELYUKA(テルユカ)の経歴

晃之さんと友香さんは、晃之さんが友達とやっている会社に友香さんが面接を受けにきたことがきっかけで出会いました。
面接のドアを開けた時に、友香さんが晃之さんの笑顔にひとめぼれしたそうです。

晃之さんと友香さんは結婚後、2011年頃からフリーランスで「TELYUKA」として活動を開始。

TELYUKA公式サイト
TELYUKA

3DCG女子高生・Sayaとは

2015年にTELYUKAがSNS上で発表した3DCG女子高生・Sayaは、当時かなり話題になりましたよね。

見ただけでは本物と区別がつかないくらいリアルに出来ています。

Sayaは永遠の17歳という設定で、モデルとなった実在の人物はいないそうです。

Sayaのプロフィール
名前: Saya
誕生日: 2月29日
年齢: 17歳
身長: 155cm
スリーサイズ 77-58-80

友香さんはSayaの制作にあたり、「一番難しい日本人の女の子を作りたかった。その年頃ならではの透明感や可愛さを1から作りたかった。」、「優等生っぽい、正統派美少女を目指しています。」とインタビューで話しています。
Sayaは2017年に「ミスiD 2018」でファイナリストに残り「ぼっちが、世界を変える。」賞を受賞しました。
そのリアルさに「不気味の谷」を超えたと言われ、大きな話題となりました。

ミスiD2018オーディションでのSaya

「【TELYUKA(テルユカ)】3DCG・Sayaの生みの親プロフや経歴は【情熱大陸】」と題しましてお送りしました。

TELYUKAのお二人は、どちらも美術系やCG系の学校に通わず、独学でCGを学び活動されています。
人知れず、かなりの努力をしていると思いますが、「作りたい」という思いで、夢を諦めない姿勢が本当に凄いですよね。

これからも進化していくSayaが楽しみです。
イベントなどで会ってみたいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ABOUT ME
りりりんご
りりりんごです。