エンタメ

わたどう和菓子監修は赤坂青野といづみや!店舗やお取り寄せ(通販)情報も

わたどう和菓子は赤坂青野といずみや?店舗情報やお取り寄せ(通販)情報も

浜辺美波さんと横浜流星さんがW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(わたどう)の和菓子が美味しそうだと話題になっています。

「私たちはどうかしている」は、老舗和菓子屋の「光月庵」を舞台に繰り広げられるサスペンスドラマということもあり、毎回登場する美しい和菓子に目を奪われてしまいます。

「ドラマに出てきた和菓子が気になる!食べてみたい!」と思った人も多いのではないでしょうか。

今回は「わたどう和菓子監修は赤坂青野といづみや!店舗やお取り寄せ(通販)情報も」と題しまして、「私たちはどうかしている」に登場した和菓子の店舗がどこなのか、お取り寄せ可能かなどの情報をご紹介いたします。

※上記の内容は2020年9月2日時点のものです。最新の配信情報は、各公式ホームページをご確認ください。

わたどう和菓子監修は赤坂青野

「私たちはどうかしている」の日本テレビ公式HPでは、和菓子協力「赤坂青野」と記載されています。

ドラマに登場する和菓子の監修、指導を行っているのは、東京赤坂にある「赤坂青野」です。

横浜流星さんと浜辺美波さんが写っているドラマのメインビジュアルポスターの和菓子を監修しているのが、神奈川県横須賀市にある「和菓子司いづみや」だそうです。
こちらは、後述いたします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

赤坂青野(@aonoakasaka)がシェアした投稿

「赤坂青野」は明治32年(1889年)創業の老舗和菓子屋で、きな粉とお餅を小風呂敷で包んだ「赤坂もち」が有名です。

また、あのスティーブ・ジョブズも赤坂青野の「豆大福」を絶賛し、わざわざアメリカまでお取り寄せをしていたのだとか!

わたどうのキャスト達も赤坂青野の工場で、赤坂青野の代表取締役で5代目当主の青野啓樹さん、和菓子職人歴40年の菅喜博さんが直接指導されたそうです。

5代目当主である青野啓樹さんは、先代である4代目当主・青野啓太郎さんが急逝したため、29歳で5代目として後を継ぐことになりました。

そのためかなり苦労をされたそうです。

また和菓子職人40年のベテランである菅喜博さんは、以前にもメディア出演されており和菓子の指導経験もあるそうです。

<「赤坂青野」5代目当主・青野啓樹氏のインタビュー動画>

和菓子というと、「高級で、敷居が高い」というイメージがありませんか?(私はありました。)
特に、赤坂青野のような伝統ある老舗の和菓子屋だと、お値段もそれなりなんだろうな・・と思って調べてみました。

  • 赤坂もち(3個袋)648円~4段箱(100個入)21,600円
  • 大福もち(豆、レモン、らむれーずん 各2個・計6個)1,800円
  • 黒糖カステラ 黒べい(小豆) 6個入り 1,836円

他にも、たくさんのメニューがあって書ききれないのですが、意外に手に取りやすい値段ですよね!
これならいくらでも自分用やお土産として持って帰れそうですね。

わたどう和菓子・赤坂青野の店舗情報やお取り寄せ(通販)情報

赤坂青野は現在、東京都内に下記の5店舗があります。
また通販でも購入が可能となっています。

  • 乃木坂下本店
  • 赤坂見附店
  • 赤坂サカス店
  • 溜池店
  • 大丸東京店

乃木坂下本店(直営店)

  • 住所:東京都港区赤坂7丁目11-9
  • 電話:03-3585-0002
  • FAX:03-3589-0050
  • アクセス:
    地下鉄千代田線 赤坂駅7番出口徒歩8分
    地下鉄千代田線 乃木坂駅1番出口徒歩8分
  • 営業時間:月~金 9:00~19:00 /土 9:00~18:00
  • 定休日:日祝

赤坂見附店(直営店)

  • 住所:東京都港区赤坂3-1-11
  • 電話:03-3586-0007
  • FAX:03-3589-0055
  • アクセス:地下鉄丸ノ内線・銀座線 赤坂見附駅隣り
  • 営業時間:
    月~金 9:30~21:00 /土 9:30~19:00 /日祝祭 10:00~17:00

赤坂サカス店

  • 電話:03-3585-0002(本店受付)
  • FAX:03-3589-0055(本店受付)
  • アクセス:
    地下鉄千代田線 赤坂3a番出口下
    地下鉄千代田線 赤坂駅TBS側改札前
  • 営業時間:月~金 10:00~19:00

※サカス店での受け取りは、サカス店・赤坂本店にてご注文を承ります。
商品の受け取りは、ご指定の日時にサカス店にてご用意させていただきお渡しいたします。

溜池店

  • 住所:東京都港区赤坂1-5-15 溜池交差点角
  • 電話:03-3585-0002(本店受付)
  • アクセス:
    銀座線 溜池山王駅9番出口出て交差点渡り正面
    千代田線 国会議事堂駅前3番出口 溜池交差点方面 徒歩5分
  • 営業時間:月~金 11:00~19:00
  • 定休日:土日祝

※溜池店での受け取りは、溜池店・赤坂本店にてご注文を承ります。
商品の受け取りは、ご指定の日時にサカス店にてご用意させていただきお渡しいたします。

大丸東京店

  • 住所:東京都千代田区丸の内1丁目9
  • 電話:03-3585-0002(本店受付)
  • アクセス:東京駅 八重洲口地下出口すぐB1フロア ほっぺタウン内
  • 営業時間:
    10:00~20:00
    10:00~21:00(木曜、金曜日の全館)
    10:00~21:00(平日の地階、1階)
  • 定休日:無休(元旦を除く)

赤坂青野お取り寄せ(通販)購入方法

赤坂青野には、たくさんの和菓子があり店舗に足を運んで1個1個試してみたいのですが、遠方で東京まで行けない方には通販でお取り寄せが可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

赤坂青野(@aonoakasaka)がシェアした投稿

赤坂青野のオンラインショップ⇒ 赤坂青野

配送エリアによって配送料も違いますので、こちらもチェックすることをお勧めします。

配送料⇒配送について

また和菓子の種類によっては、賞味期限が短いため配送地域が限定されている場合がありますので、赤坂青野の通販サイトでご確認ください。

【わたどう】メインビジュアル監修は和菓子司いづみや

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】私たちはどうかしている 毎週水曜よる10時(@watadou_ntv)がシェアした投稿

「私たちはどうかしている」のメインビジュアルポスターの背景に写っている、色とりどりの美しい和菓子たちの監修をしているのは、神奈川県横須賀市にある和菓子屋「和菓子司いづみや」です。

とってもきれいですよね。
芸術作品を見ているようです。

いづみやは、昭和29年(1954年)創業の老舗和菓子屋で、わたどうのポスターを監修担当したのは、いづみやの三代目当主である三堀純一さんです。

三堀純一(みつぼりじゅんいち)さんのプロフィール

  • 一菓流菓道 宗家
  • 菓道家
  • 和菓子司いづみや 三代目当主
  • 日本スイーツ協会 理事Twitter:三堀純一
    Instagram:JUNICHI MITSUBORI

1974年8月17日 神奈川県横須賀市 生まれ
1995年 東京製菓学校 和菓子本科 卒
2010年 TVチャンピオンR和洋菓子職人選手権 優勝
2016年 茶道のように、おもてなしの精神を持ってお菓子を創作し振舞う「菓道」を提唱

三堀さんのInstagramでは、うっとりするような繊細で美しい和菓子の写真をたくさん見ることができます。
本当に美しすぎて、和菓子の奥深さや繊細さに目を奪われてしまいますよ。

わたどう和菓子・いづみやの店舗情報やお取り寄せ(通販)情報

「いづみや」は現在、下記の4店舗あり、通販でもお取り寄せが可能です。
いづみやは、黒かりんとうが有名です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JUNICHI MITSUBORI / 三堀 純一(@junichi_mitsubori)がシェアした投稿

店舗営業は、2020年9月2日現在、時短営業を行っているようです。

  • 衣笠本店
  • 中央店
  • 大矢部店
  • モアーズ店

全店、定休日なし

衣笠本店

  • 住所:神奈川県横須賀市衣笠栄町1丁目70
  • 電話:046-853-9620
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 店休日:なし

中央店

  • 住所:神奈川県横須賀市大滝町2丁目23
  • 電話:046-821-0108
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 店休日:なし

大矢部店

  • 住所:神奈川県横須賀市大矢部2丁目1−4
  • 電話:046-834-0070
  • 営業時間:9:00~15:00
  • 店休日:なし

モアーズ店

  • 住所:神奈川県横須賀市若松町2−30 B1F
  • 電話:046-820-4557
  • 営業時間:10:00~21:00
  • 店休日:なし

いづみやお取り寄せ(通販)購入方法

いづみやオンラインショップ⇒和菓子司いづみや

いづみやのオンラインショップでも、配送エリアによって料金が変わりますので、こちらもチェックすることをお勧めいたします。

配送料について⇒送料について

 

わたどうに登場する和菓子はどれもこれも繊細で美しく、食べるのがもったいないくらいの芸術品です。

実店舗に足を運んで、実際に和菓子を選んで食べたくなります!

わたどうフィーバーで、「和菓子」熱が上がりそうですね。

店舗に行けない方は、通販でもお取り寄せできますので、ぜひぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

「わたどう和菓子監修は赤坂青野といづみや!店舗やお取り寄せ(通販)情報も」と題しまして、お送りいたしました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
りりりんご
りりりんごです。