HOTニュース

【ウエンツ瑛士】ロンドン留学から帰国で現在の英語力は?彼女は日本人?

2018年10月から留学のため芸能活動を休止していたウエンツ瑛士さんが、約1年半のロンドン留学を終えて2020年4月に本格的にテレビ復帰しましたね!!

2018年ウエンツさんが留学を発表した時期は、レギュラー番組もあり本当に電撃留学だった記憶があります。
ウエンツさんのロンドン留学の目的は何だったか、英語が話せるようになったのか気になりますよね。

そこで今回は「【ウエンツ瑛士】ロンドン留学から帰国で現在の英語力は?彼女は日本人?」と題しましてお送りしたいと思います!

ウエンツ瑛士が留学した理由

ウエンツさんは30歳を過ぎたころから留学したいと真剣に考えていたようです。
留学も「英語を習得したい」でなく、「ロンドンのウエストエンドで舞台に立ちたい!」という理由からでした。

「私は10月からロンドンに留学することにしました。9月末を持って日本での活動を一度全て休止して、10月からロンドンにいって舞台の勉強をしていきたいと思います。
「3年前に、自分がいつかイギリスのロンドンで舞台に立ちたいという夢を持ち始めて、日本にいながらその夢に近づくための方法なり努力をこの数年重ねてきたのですが、日に日にイギリスに行って勉強したい気持ちが強くなりました」

「たとえ誰かに迷惑をかけても、達成したい夢であると自分の中で確認できましたし、それ以上の恩返しをするという覚悟ができましたので、今回留学する決断をしました」

30歳を過ぎてミュージカル修行のために、仕事を休んでまで留学するのは本当に勇気があると思います。
まして浮き沈みの激しい芸能界で1年半も休んだら、帰ってきて仕事があるかもわからないですよね。
過去の人になっている可能性もあったわけですし。

ウエンツ瑛士留学前の英語力は

ウエンツさんの家族は父親がドイツ系アメリカ人で母親が日本人、そしてお兄さんがいます。

ウエンツ瑛士さんの兄は幼い頃から英語教育を受けていて、アメリカ留学の経験もあるようです。

ウエンツ家の中でウエンツ瑛士さんだけが英語を話せず、本人も「英語を話せる遺伝子がどこにあるのかわからない」と自虐的に語っていました。

こちらが、番組の企画で英語を話しているウエンツさん

また2017年には出演映画「禅と骨」の舞台あいさつでも、ウエンツさんの英語力のなさをつっこまれていました。

「2017年9月2日、都内で行われた出演映画『禅と骨』の初日舞台挨拶で、ウエンツの英語力のなさが暴露されています。ウエンツは日系アメリカ人を演じましたが、共演者の豪州出身芸人のチャド・マレーンから『こんなにウエンツさんが、英語ができへんとは』と苦笑されていました」

引用元:excite ニュース

ウエンツ瑛士帰国で現在の英語力は

2020年3月10日の「火曜サプライズ」で、ヒロミさんがロンドンにいるウエンツさんをアポなし訪問した時の様子が放送されていましたね。
番組では、ウエンツさんが英語でアポを取る様子が!!

めちゃくちゃ上手になっています!
ウエンツさんはロンドン留学中に演劇レッスンに通いながら語学学校にも行ったそうです。

そして2019年の11月には、ロンドンの小劇場で自ら舞台をプロデュースしていました。

自力で脚本家や俳優にオファーし、90分の2人芝居を制作・上演したそうです。

英語が全くできない状態から、自ら俳優や脚本家に交渉してお芝居を成功させるのは日常会話程度の英語ではできないですよね。
英語圏に何年住んでも英語が話せない人がいる中、ウエンツさんはかなり努力したんでしょうね!!
相当な努力と行動力です!

ウエンツ瑛士の現在の彼女は日本人?

ウエンツさんはロンドン留学中の2020年2月ころ、ベルギーの博物館でデートしているところを目撃されています!

ウエンツさんの彼女と思われるお相手の女性の名前や顔画像はありませんでした。
一般人だと思われますが、鼻筋が通っていて上品な感じの方ですね。

日本に戻ってきて2週間ほどがたったウエンツだが、帰国直前の2月中旬には女性と仲よくデートしていたという。

ウエンツが目撃されたのは、留学先のロンドンと北海を挟んだ先にあるベルギーのブルージュ。2月18日の正午ごろ、12~13世紀のゴシック様式の建築の美しさで知られ、多くの観光客が訪れるブルージュ最古の教会『救世主大聖堂(聖サルバトーレ大聖堂)』に併設されている聖愛博物館を訪れていた。

「最初は英語で話していたので気づかなったのですが、途中から日本語が聞こえてきて。現地では有名な観光地ですが、日本人の観光客はそう多くないので、振り返って見るとウエンツさんだったのでビックリしました。なんで、こんなところにいるんだろうって」(偶然居合わせた旅行客)

さらに目撃者が驚いたのは、その隣にいた同世代の日本人女性との仲睦まじいようすだったと続ける。

「聖堂ということもあり、女性とは小声で会話をしていたのですが、ときおり顔を近づけて“〇年前のものだって、スッゲー!”といったふうに盛り上がっていましたね。ふたりとも歴史的な建造物に興味があるようで、真剣に見ている姿が印象的でした」(同・旅行客)

舞台の勉強のためロンドンに留学していたウエンツ。ヨーロッパの文化にも触れながら、日本ではできなかったであろう変装なしのデートを心ゆくまで楽しんだようだ。

引用元:livedoor news

こちらがベルギー・ブルージュの「聖サルバトーレ大聖堂」です。
歴史が感じられますね!
ウエンツさんと彼女と思われる女性は、「聖サルバトーレ大聖堂」の隣に併設されている聖愛博物館で目撃されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ramzy(@ramzy.elmasry)がシェアした投稿

「【ウエンツ瑛士】ロンドン留学から帰国で現在の英語力は?彼女は日本人?」と題しましてお送りしました。

ウエンツさんは4月から本格的にテレビ番組に復帰していますね!
英語力もかなり上達していますし努力や行動力もそうですが、もともと賢い方だったのだと思います。
ロンドンでの留学は「最高の経験だった。」と言っていますし、これからもテレビだけでなく舞台などでも活躍してほしいですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

ABOUT ME
りりりんご
りりりんごです。