バイリンガル

ダブルリミテッド対策!多言語を自由に使いこなす子にする

子どもはグローバルに育って欲しい。日本語も英語も、できれば第2外国語も上手に使いこなせるようになってほしい。

小さい子を英語の環境に入れてしまえば、英語はぺらぺらになって当たり前。

子どもを持つ親なら、誰もが1度はそう考えたことがあるのではないでしょうか。

しかしバイリンガル育児はそう簡単にはいきません。

多言語教育に興味のある方なら、「ダブルリミテッド」という言葉を1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ダブルリミテッドとは、二か国語を話したり聞いたりできるが、両言語とも年齢相応の言語レベルに達していないことを言います。
以前はセミリンガルと呼ばれていました。

わが子をバイリンガルにするために外国語の早期教育を始めたつもりが、英語も日本語も中途半端だということにならないために、ダブルリミテッドの原因とダブルリミテッドを防ぐにはどうするかを調べてみました。

ダブルリミテッドが起こるの原因

ダブルリミテッドになる原因は、子どもの学習過程できちんとした「言語の使い分け」が出来ていないことが大きく関係しています。

人間は言葉で思考する生き物です。

そのため自分で自由に使える言語を1つでも持っていないと他の人たちとのコミュニケーションだけでなく、学校での勉強についていけないことや、言語能力が中途半端なため思考力や想像力が低く物事を深く考えられないこと、アイデンティティを確立出来ず情緒不安定になるなどの悪影響があります。

日本に住んでいる日本人がダブルリミテッドになる可能性は低くなります。

ダブルリミテッドを防ぐ、母語の大切さ

 

ダブルリミテッドを防ぐのみならず、バイリンガルを目指すために一番大切なことは、ずばり、第1言語である「母語」を確立することです。

母語とは

  • 個人が最初に習得する言葉
  • 子どもが成長の過程で(特に母親など)身近な人々から習得する言葉
  • 本人にとって最も自由に表現できる言葉

日本人に住んでいる日本人にとっての母語は、もちろん「日本語」になります。

母語が発達するのは1歳~5歳ころと言われています。

この時期に取得した言葉が基礎となって、思考力や想像力が身についていきます。

母語を確立させることは、今後バイリンガル教育をしていく上で大事な基礎となります。

 

母語を確立させるにはどうするか

母語を確立させるためにお家でできる方法として、

  • 家庭内での言葉のルールを徹底させる。(日本語だけ使用するなど)
  • 絵本の読み聞かせ
  • 音読させる
  • 子どもが間違った言葉を使えば、直してあげる。
  • 日本語で文章を書く

この中で、絵本の読み聞かせは母語を作っていくうえでかなり効果的です。

特に幼児期においては無理に第2言語をさせたりせずに、楽しく一緒にやっていくという感じでよいのではないでしょうか。

ABOUT ME
りりりんご
りりりんごです。