HOTニュース

【東京オリンピック】中止を予言のひろゆき・松原照子とアキラが話題!

コロナウィルスの感染が拡大し、連日ニュースでもマスク不足や感染者数の増加で世界中が混乱を極めています。

コロナウィルス拡大の影響で大規模なイベントやコンサートが中止や延期になったりしている中、政府や組織委員会は「夏までには終息するので問題ない。東京オリンピックの中止は考えていない。」と発言していますよね。

国民の間では「この状況で本当に開催できるのか。」「中止した方がいいのでは?」との東京オリンピックの開催を疑問視する声が多く聞こえてくるようになりました。

東京オリンピックの開催が危ぶまれる中、東京オリンピックの中止予言していた人たちがいたとSNSで話題になっています。

その予言者というのが、2チャンネルの創始者でもある「ひろゆき」こと西村博之さん、東日本大震災も予言していたという松原照子さん、そして大友克洋さんの漫画「AKIRA(アキラ)」です。

そこで今回は、【東京オリンピック】中止を予言!ひろゆき・松原照子とアキラが話題!と題しまして、東京オリンピックの中止に関する予言をまとめてみました。

ひろゆきの予言

10:00頃から発言をしています。

動画では、

「気候が熱帯寄りになって、感染症が日本で流行る可能性がある。
日本にない病気もオリンピックで、海外から運ばれてくる可能性がある!

オリンピックの時期だけで、東京だけで100万人単位の人が押し寄せると思う。

何かの病気が流行ったとき、日本の病院が備蓄しているワクチンはせいぜい1万個ほど。

ワクチンが足りないという状況になると思う。

なので、オリンピックの時期は東京に帰らないつもりです。」

などと話しています。

他にも東京オリンピックは中止した方がいいという動画も!

東京オリンピック中止・ひろゆきの予言のTwitterの反応は

東京オリンピック中止・松原照子の予言

松原照子さんは、wikiによると「経営コンサルタント」という肩書になっていました。
しかし数々の予言をされていて、日本有数の予言者としても活動されているそうです。

松原照子さんは、2013年に「東京オリンピック」が決定する以前に、「東京オリンピック開催はない。」とブログで発言していました。
東京オリンピック開催が決定してからも、「東京オリンピックが気がかりです。」という発言もされています。

「私の心の中にある不安と申しますか、胸が詰まったこの気持ちが治まるように思っていただきたいのです」とも書いています。

また東京オリンピック以外にも、以下のような予言を的中されているそうです。

  • JAL羽田沖墜落事故(1982年)
  • フォークランド紛争(1982年)
  • メキシコ大地震(1985年)
  • スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故(1986年)
  • 三宅島・大島などの火山噴火
  • 東日本大震災(2011年)

さらに興味深いのが、松原さんは1987年に書かれた著書「宇宙からの大予言-迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ」で、「政治はこう変わる」という見出しで、日本の政界の今後を予言した記述です。

「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』、この言葉をためらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」

「その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形です。政治家たちのランクを、国民1人ひとりが見極め、日本の国のために命を捧げられるほどの人間選びをしなければ、草も口にできなくなります」

この本はすでに絶版になっていました。

約30年も前から安倍政権の誕生を予言していたのでしょうか!

ちょっと驚きです。

松原さんは他に何冊も出版されています。

 

 

松原照子の予言のTwitterの反応は

 

東京オリンピック中止・AKIRAの予言

漫画「AKIRA」も東京オリンピック中止を予言していたと話題になっています!

2020年2月28日は、「AKIRA」で予言されていた東京オリンピックまで147日です。

「AKIRA」は大友克洋のSF漫画で1982年から1990年まで、週刊ヤングマガジンで連載されていました。

1988年にアニメ映画化されています。

第三次世界大戦か勃発した近未来都市とその崩壊後の世界を描いた作品で、オリンピックを翌年2020年に控えた2019年「ネオ東京」が舞台となっています。

2020年の東京オリンピックが決まった時も、「アキラの予言通り」と話題になっていました。

漫画の中には「伝染病」や「(東京オリンピック)中止だ」の記述があり、今回のコロナウィルス騒動で東京オリンピックが中止なる可能性が出てきたことで、「アキラ」の予言が再燃しています。

 

AKIRAの予言のTwitterの反応は

 

 

 

 

いかがですか?
個人的には、AKIRAの予言が的中しすぎて怖いくらいです!
作者の大友さんは予言者なんでしょうか。
もしかして本人が1番驚いているのかもしれませんね。

東京オリンピックが開催されるかどうかは、5月末に決まるそうなので、これらの予言がどうなるか注目ですね。

コロナウィルスの流行が、一刻も早く終息することを祈るばかりです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

ABOUT ME
りりりんご
りりりんごです。