アメリカ

【アメリカ】トレーダージョーズのハロウィン限定お菓子が可愛いすぎ!

アメリカのスーパーマーケット「Trader Joe’s」(通称:トレジョ)をご存知ですか。
トレジョのエコバックを愛用するハリウッドセレブの写真がSNS等で広まり、日本でも人気に火が付きました。

日本未上陸ながらテレビや雑誌で取り上げられたりと、その存在を知っている人は増えてきましたよね。

そのトレーダージョーですが、ハロウィンやクリスマスの時期になると期間限定の商品が販売されます。
すぐに売り切れになるので、アメリカに在住している日本人の間で教えあったりして、買いに走ったりすることも!!

そこでトレーダージョーズで売られているハロウィン限定のお菓子を調べてみました。
 

 

そもそもトレーダージョーズとは何?

トレーダージョーズは、アメリカの南カリフォルニアで生まれ、ロサンゼルスを中心に全米で488店舗展開するスーパーマーケットです。

トレーダージョーズのお店にある80%は自社ブランドのオリジナルで、オーガニックやベジタリアン、グルテンフリー、自然派食品など健康志向の商品を数多く取り揃えています。

中間流通を省くことで、高品質な商品をお手頃価格で提供しています。

店内も明るくポップでオシャレ。その上店員さんも明るく親切で、笑顔で対応してくれます。

トレーダージョーズの店舗は、ハイソな住宅街の近くにあることが多いので、客層も高級志向・健康志向の生活に余裕がある人たちが多いです。

 

 

2019ハロウィン限定のお菓子5選

Halloween Joe Joe Cookies

 

この投稿をInstagramで見る

 

Trader Joe’sさん(@traderjoes)がシェアした投稿

トレーダージョーズオリジナル商品ジョージョークッキーのハロウィン版です。

中身はチョコレートとバニラビーンズのクリームをパンプキン色に色付けしたもの。クッキーにカボチャの顔があって、とってもキュート!!

 

Halloween Gummies

 

この投稿をInstagramで見る

 

Trader Joe’sさん(@traderjoes)がシェアした投稿

 

ハロウィン仕様のSpooky(不気味)な形のグミです。ガイコツやコウモリ、パンプキンなどの形をしたグミが入っています。

ゼラチンや人工着色料、人工甘味料を使っていません。20グラムずつ小分けされているので、ちょっとしたおやつやハロウィン当日に配るお菓子にもできそう。

 

 

BOO BARK

BOO BARKはミルクチョコレートとキャンディ、そしてトレジョオリジナルのジョージョークッキー(オレオみたいなもの)が合わさってできたもの。

固そうに見えますが、意外と柔らかく食べやすくできてます。キャンディケーンはジェリービーンズのような感じです。

GHOESTS & BATS

ゴーストとコウモリの形をしたポテトチップスです。アメリカのポテトチップスとは思えない薄塩味で、日本人好みだと思います。

 

Haunted House Kit

チョコレートクッキーで作るお菓子の家のセットです。中身はお家の組み立て一式とゴーストの形をしたクッキー、骨の形をしたキャンディ、コウモリのキャンディ、ビーズ型のキャンディ、ジェリービーンズが入っています。
どれもフルーツや野菜のジュース果汁で色付けされています。

作りながら食べたくなってしまうかも?!子どもと一緒に作れば楽しいこと間違いなし!!

 

まとめ

どのお菓子も、ハロウィンだけの期間限定にしておくにはもったいないくらい可愛くて、見てて飽きないですね。そのうえどれも美味しくて食べたら止まらなくなりそう。

残念ながら、トレーダージョーズは公式通販サイトはありません。
日本からだと楽天やAmazonで購入することができますが、アメリカで買う値段の数倍以上はするうえ、期間限定の商品を取り扱ってはいませんでした。

ハロウィンの時期にアメリカに旅行するさいは、ぜひトレーダージョーズにも足をのばして日本へのお土産にしてみてはいかかでしょうか。

読んで頂きありがとうございます。

ABOUT ME
りりりんご
りりりんごです。